お金を借りるときに気をつけたいこと

融資やローンでお金を借りる時、個人でも企業でもそれほど簡単ではないということは皆さん覚悟してらっしゃいますよね。企業の場合は特に、銀行でお金を借りるとなるととても難しいものです。

銀行で融資を受けるためのコンサルティングをしているようなところも、インターネットで検索すると見つかります。それほど、借り入れの申し込みは難しいということで、いくらかのテクニックがいるというものです。

金融機関も金融会社も本当のところは貸付をしなければ経営が成り立っていきませんから、貸したいのはやまやまでも、もしも貸し倒れということになってしまうと大きな損となってしまいますから、審査を徹底的に行って必ず返せそうな企業や個人に貸し付けを行いたいというのが実際のところでしょう。

お金を借りる側は、金融機関や金融会社に必ず返せるということをしっかりとアピールしていくことがとても重要なポイントになるのです。個人がお金を借りる場合は個人信用情報を重視されます。個人信用情報機関に載っているこれまでの借り入れ、返済などの履歴を見ることで、この人物はきちんと返済できるのだろうかということを判断するのです。

今携帯電話代金を通話料とあわせてクレジットで払っていくという方式を利用している人が増えています。通話料金が払えなくなってしまい、携帯電話の代金を払っていないことで信用情報に延滞の履歴が残ってしまっている場合があります。こういった場合も、新たな融資を受けることやクレジットカードを作れなくなる原因となっています。

「今日中にお金を借りたい!」など、お急ぎの方はアコムやプロミスなど消費者金融でお金を借りることをオススメします。一般的に、銀行でお金を借りるのは審査が厳しく、融資まで時間かかります。三菱東京UFJ銀行も最短で即日融資も可能ですが、急ぎでお金が必要な方はアコムを選んでおけば間違いないでしょう。

今日中にお金を借りる(即日融資)スピードで比較する


低金利で個人がお金を借りるには

個人がお金を借りるときに低金利といえば、まず銀行を連想するものでしょう。確かに銀行で借り入れできれば金利は低いことは分かっていても、借り入れの審査の厳しさや審査にかかる時間のことを考えると、急いでお金が必要になってしまったときは現実的ではありません。

確実に審査に通ると分かるということが分からない限りは、銀行融資に不安を感じてしまうかもしれません。個人がお金を借りたいというときには、銀行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

「銀行カードローンはまとまった金額は借り入れできないのでは・・・」と考えている方はいませんか?銀行のカードローンは、今とても大型融資のものが出てきています。最高借り入れ金額が500万円、700万円といったものもたくさんあるのです。

そして銀行のカードローンは限度額までなら、何度でもお金を借りることが出来るようになっています。自分の銀行口座から引き出したり、入金したりする感覚で借り入れや返済を利用することができるようになっています。

銀行でお金を借りる(低金利)金利で比較する


金利だけではなく総合的に考えること!

利息の計算方法は、利息=利用金額×借入利率÷365日×利用日数です。

銀行カードローンは金利は低い分、審査のハードルが高くなる傾向があります。また、お金を借りるまでに時間がかかります。1位の三菱東京UFJ銀行(14.6%)と消費者金融のアコム(18.0%)の利息を比較しても、月に279円しか差はありません。審査や融資のスピードを優先して、とにかく早くお金を借りたいなら、断然アコムがオススメですよ!

10万円を30日間借入した場合の利息
  利息 年率 おすすめ順 審査基準 融資スピード 備考
1,200円 14.6% 三菱東京UFJ銀行 -
1,463円 17.8% プロミス 30日間無利息サービス※1
1,479円 18.0% アコム -

(※1) 30日間無利息サービス(プロミスポイントサービスにお申込された方が対象)


開業する方のための資金融資

新規に事業を立ち上げた場合は、資金融資は本当に難しいものです。銀行などでお金を借りようと思っても、決算書などを2期分ということになると、少なくとも2年は経営していなければならないということになります。新規に起業した場合ほど資金は必要になるはずですが、実際のところは銀行でお金を借りることは、とても難しいというのが現状です。

新しく会社を作った、といった場合では市区町村などの融資などを調べてみるのもよいでしょう。市区町村によってさまざまな融資のシステムがありますので、利用できそうなものがないか検索してみましょう。

他にも起業家のためにおすすめの資金融資は、日本政策金融公庫の新規開業資金があります。新規開業資金は、新たに起業をする方と事業をスタートした後5年以内の方が対象となっています。新たに事業を始めるための設備資金や、運転資金などの貸付を行っています。保証人や担保は借り入れ希望者それぞれの希望にあわせて相談ということになります。

お金を借りる条件としては事業開始後5年以内の方ということに含めて、現在勤めている企業と同じ業種で事業をスタートする予定の方(現在勤めている企業に6年以上勤務しているか、同じ業種で通算して6年以上勤務している方)あるいは大学などで習得した技能と関連した職種で2年以上勤めている方、技術やサービスなどに工夫があり、いろいろなニーズに対応する事業を始める方、雇用が創出される事業を始める方いずれかに該当しておく必要があります。

新着情報